摂取カロリーと消費カロリーを意識したダイエット方法

摂取カロリーと消費カロリーを意識して、カロリーを翌日に持ち越さないダイエット法です。

一日の摂取カロリーを計算

まず、自分が一日に摂取しているカロリーを簡単に計算します。
インターネットのホームページで、自分の食事量だとどのくらいのカロリーを摂取することになるのかをざっくりと計算します。

ご飯が○○キロカロリー、とんかつなら○○キロカロリー、といった具合です。
ファミレスではメニューの下に小さく記載されていることが多いですし、コンビニで弁当やおにぎりを買えば、栄養表示欄に必ず記載されています。
これらのデータを参考にするのもよいでしょう。ここでポイントですが、しっかりとダイエットするために、摂取カロリーは少し多めに見積もっておきましょう。
自分が一日に摂取したカロリーが大まかに把握できれば、そこから消費カロリーを引き算していきます。

消費カロリーも計算

まずは生きているだけで消費するカロリー(基礎代謝)を調べます。人間は一日じっとしていても呼吸や消化のためにカロリーを消費します。
こちらも身長、体重、性別を専用のサイトに入力すれば簡単に導き出せます。
摂取カロリーから基礎代謝で消費されるカロリーを引いた後に残ったカロリーが消費しなければいけないカロリーです。

消費しなければいけないカロリーを把握したら、運動をして消費していきます。
運動といっても、ジムに行って激しい運動をする、といったことだけではなく、
エレベーターではなく階段を使う、ちょっと遠回りして歩いて帰る、といった方法でも確実にカロリーを消費できます。

運動と消費カロリーの関係もインターネットで簡単に調べることができます。

この方法のメリットは、食事制限だけ、運動だけとどちらかに偏ったダイエットではないので、その日の状態に応じて自由が利くことです。
お昼に食べ過ぎてしまったな、と思えば、その分カロリーを消費すればよいですし、今日は疲れたので運動したくない、と思えば食べる量を減らせばよいのです。
今日はカロリーを持ち越してしまったな、と思えば翌日に調整することも可能です。

食べたいものが自由に食べられない食事制限ダイエットは想像より辛いので、なかなか長続きしませんし、毎日運動する、という事も仕事が忙しい方にはなかなか難しいでしょう。

摂取したカロリーをその日のうちに消費することを毎日心がければ絶対に効果は表れますし、日々カロリーを意識した生活を送っていることで意識が高まることと思います。

慣れてしまえば簡単ですので、ダイエットが苦手な人におすすめの方法だと言えると思います。