摂取カロリーと消費カロリーを意識したダイエット方法

摂取カロリーと消費カロリーを意識して、カロリーを翌日に持ち越さないダイエット法です。

一日の摂取カロリーを計算

まず、自分が一日に摂取しているカロリーを簡単に計算します。
インターネットのホームページで、自分の食事量だとどのくらいのカロリーを摂取することになるのかをざっくりと計算します。

ご飯が○○キロカロリー、とんかつなら○○キロカロリー、といった具合です。
ファミレスではメニューの下に小さく記載されていることが多いですし、コンビニで弁当やおにぎりを買えば、栄養表示欄に必ず記載されています。
これらのデータを参考にするのもよいでしょう。ここでポイントですが、しっかりとダイエットするために、摂取カロリーは少し多めに見積もっておきましょう。
自分が一日に摂取したカロリーが大まかに把握できれば、そこから消費カロリーを引き算していきます。

消費カロリーも計算

まずは生きているだけで消費するカロリー(基礎代謝)を調べます。人間は一日じっとしていても呼吸や消化のためにカロリーを消費します。
こちらも身長、体重、性別を専用のサイトに入力すれば簡単に導き出せます。
摂取カロリーから基礎代謝で消費されるカロリーを引いた後に残ったカロリーが消費しなければいけないカロリーです。

消費しなければいけないカロリーを把握したら、運動をして消費していきます。
運動といっても、ジムに行って激しい運動をする、といったことだけではなく、
エレベーターではなく階段を使う、ちょっと遠回りして歩いて帰る、といった方法でも確実にカロリーを消費できます。

運動と消費カロリーの関係もインターネットで簡単に調べることができます。

この方法のメリットは、食事制限だけ、運動だけとどちらかに偏ったダイエットではないので、その日の状態に応じて自由が利くことです。
お昼に食べ過ぎてしまったな、と思えば、その分カロリーを消費すればよいですし、今日は疲れたので運動したくない、と思えば食べる量を減らせばよいのです。
今日はカロリーを持ち越してしまったな、と思えば翌日に調整することも可能です。

食べたいものが自由に食べられない食事制限ダイエットは想像より辛いので、なかなか長続きしませんし、毎日運動する、という事も仕事が忙しい方にはなかなか難しいでしょう。

摂取したカロリーをその日のうちに消費することを毎日心がければ絶対に効果は表れますし、日々カロリーを意識した生活を送っていることで意識が高まることと思います。

慣れてしまえば簡単ですので、ダイエットが苦手な人におすすめの方法だと言えると思います。

スポーツクラブで運動

スポーツクラブで運動する習慣をつけてダイエットに成功しました。

運動する習慣が全くなかったため体が活性化されたのでしょう。新陳代謝が良くなったと特に感じますが新陳代謝が良くなることはダイエットに必要です。代謝が悪い体は痩せにくい体だと言われていますね。

汗をかきにくい体質だと思い込んでいましたがスポーツクラブで運動するようになってから汗が出やすくなりましたよ。きっと代謝が上がって汗が出るようになったのだと思います。クラブに入りたての頃から知っている人は、私の体の変化をよく見ているようで汗が良く出るようになったことを一緒に喜んでくれます。

また運動の習慣をつけて汗が出る体になったためそれまで苦戦していたダイエットが楽になりましたよ。運動後はお腹が空いて食欲が増しますが、好きなように食べても太らなくなりました。おかげでダイエットが楽になり運動しなかった頃と比べて4キロも体重が減りそれを維持できています。

今のところはリバウンドなく4キロ減を維持できているので言うことなし。それ以上痩せてしまうと今度は貧相な体になってしまいます。年を重ねてから痩せると筋肉だったところが脂肪に変わり二の腕なんて特にたぷたぷしてしまうもの。太もももお尻も急に痩せると筋肉がなくなって皮がたるんでしまいます。

そういう体は美しくありませんよね。やはりある程度筋肉がついていて脂肪もある体が美しい。女性はガリガリにやせ細るとみすぼらしく見えて魅力半減。だから運動で体を鍛えながら無理なことはしないダイエットを継続しています。

運動ダイエットなんてきっと続かないと思っていた私でしたがそろそろ2年になります。2年間週4回のペースを守りながら運動しているので関節などが痛くなるような問題は起りません。外で運動することを選んでいたらきっと2年も続かなかったでしょう。良い環境で気持ちよく運動しているから理想の体重を維持できるんだと思います。

ダイエットはリバウンドを想定して

年齢を重ねる毎に下半身がやたらと太ってきます。3ヶ月で10キロ痩せたのですが、リバウンドは必ず3キロあります。

それを想定してダイエットすると良いと思います。私の場合は食事の面では置き換えダイエットです。しかも1日2回プロテインダイエットでお腹を満たします。

1食だけ好きな物を腹八分目にして、時間があれば岩盤浴や酵素浴に通い、自転車や徒歩でなるべく行動して代謝を上げていきます。

家では湯船に浸かり、30分半身浴します

半身浴は毎日続けていました。
水を飲んで汗を出して発汗作用を促します。

出かけ先でもエレベーターやエスカレーターは使わず階段で、その時かかとは付かない様にして登ります。

炭水化物は避けて出来るだけおかずを食べてました

痩せ出すと気合いも入るので、一気に自分を追い込んでストイックにダイエットに励みました。痩身エステにも通い遠赤外線ドームサウナに入ったり、発汗作用のあるシートに絡められ電気毛布かけられて汗を出したりしてました。

機械もある程度信用していましたが、痩せ方をエステティシャンの人に教えて貰ったりしてました。

カッサを用意して湯船に半身浴しながら気になる下半身をリンパに沿ってゴリゴリとセルライトを取る様に流していました。

半身浴は本当にしんどいですが、代謝改善はされていきます。
これをやり遂げたら必ず痩せます。
汗を流した後は2時間はお水のみじゃないと代謝が上がっている状態で、何か食べると吸収力が高まるので2時間は我慢していました。
毎日体重測って変化を見て、鏡も必ず見ます。

徐々に変わってくと自信に繋がります。
最後の3キロを落とすのは中々ですが、決して諦めず下剤など使ったりもしてました。

3キロ落とすのとかは割と簡単ですが、10キロとかとなるとその分努力やストイックさも必要だと思います。ストイック過ぎて痩せが止まらなくなるのは注意しながら偶には1食は甘やかしたりしていくと良いと思います。

サウナを利用するダイエットは気持ちがいい

無理なことは続けられないし自分の体質に合っていないダイエットも続きません。私はダイエット=続けることだと考えています。

ダイエットするぞ!と気合いを入れてもその気持ちが持続しなければダイエットなんて無理なのです。ダイエットするなら決めたことを続けること。期限を設けてもいいですが私は気持ちがいいダイエットを選んでいるので期限は設けません。

サウナを利用するダイエットは気持ちがいい

サウナを利用するダイエットは気持ちがいいです。それはいい汗をかけるから。人間の体には不要な物がたくさんあります。でも普通はトイレタイムしか不要な物を見ることはできませんよね・・・。だから人間の体にとって不要な物はそれくらいだと感じてしまうのです。

だけど人間の体にはもっともっと不要な物があります。それを見ることができるのがサウナ。サウナの中でしたたり落ちる自分の汗を見ると出る汗の質がどんどん変わっていくことに気づきます。

それに気づいてからサウナを利用することが習慣になりました。もちろんダイエットにも効果がありますが健康になりながらキレイに痩せる効果を実感したからです。

入浴では出ないような汗がサウナでは出てきます。初めはべとっとしたニオイが強い汗が出てきます。苦しくなる前にサウナから出て、体の汗を流した後水風呂に入って汗腺を引き締めます。ダイエットのために水風呂は効果的だと感じるためサウナと水風呂はワンセットにしていますよ。

汗腺を十分開かせた後汗腺を閉じさせ、またサウナに入って汗腺を全開にさせるのです。こうすると肌がきれいになりますし新陳代謝が良くなる効果も。新陳代謝が改善されると食事量を減らさなくても太りにくいです。食後のデザートを食べても太る心配は少ないでしょう。

 

まとめ

もちろん食べ過ぎてしまえば元も子もありませんが、食べ過ぎなければ食事量のことで悩む必要はないです。私はサウナと水風呂をワンセットにしたダイエットで50キロ代前半だった体を40キロ代後半の体に変えましたよ。

白米を白滝と合わせて食べるだけで1か月で2キロ減!

1日3食全てを白米に白滝をプラスした状態で食べていました。

作り方としては、切った白滝をご飯に合わせて炊いていくだけです。単純に炭水化物を少なくして白滝でお腹を満たすという方法です。

2合に200gくらいの量が一番おいしいかとは思うのですが、私は1合炊いてそこに200g近く白滝を入れて白滝で満腹にするようにしていました。

どうしても白米が多いと食べ過ぎてしまったときにリバウンドをしてしまうのが心配だったので私はこういう風にしていました。

ただ白滝をあまり食べ過ぎてしまうと便秘などの原因にもなってしまうということでしたので、そういった点では注意が必要です。

実際に自分が食べていて便秘になるようなことはなかったですし、お腹を下すようなこともありませんでした。よっぽど食べないで食事制限をしているダイエットをするよりも快便になったと思います。

私が白滝ご飯のほかによくやっていたのは、白滝を使ったダイエットスープです。白滝、玉ねぎ、トマトなど自分の好きな具を入れてコンソメのみで味を付けます。簡単に作れるのでこのスープを大量に作っておいておきます。お腹が減ったときや好きな時に好きなだけ食べるようにしていました。

カロリーもお菓子を食べたりしているよりは圧倒的に低いですし、飽きたら味を変えることもできるので是非試してみてください。白滝であれば、スープにも煮物にも炒め物にもなんでも会うのでいつも使っている食材と変えて食べてみるのもいいと思いますよ。

私はこのダイエットで1か月で2キロ落とし、その後3か月にわたって続けていったのですが5キロのダイエットに成功しました。ほとんど白滝での生活ではあったのですが飽きは来なかったですし、運動もせずにきちんと痩せられたので凄くお勧めしたいダイエットの一つです。

どうしても白米は食べたい!だとか炭水化物を抜いて間食をしてしまうなんて人にはもってこないなダイエットだと思います。

ボディラインの目立つ服装に変えるだけでダイエットは可能に!

私はダイエットのためにあえてボディラインが目立つような服装をすることが多いです。

ボディラインを出すことで自ら気がつく

その理由としては、ボディラインが目立つことでその変化に気付きやすくなり、すぐにダイエットを開始しようという気持ちになれるからです。

ボディラインが目立つ服といっても派手なファッションをする必要はなく、ウエストがゴムになっていないボトムスやお腹を隠さないトップスを着用すればそれだけでもボディラインが目立ちやすくなります。食事の摂り方によっては数日でウエストが苦しくなったりお腹が目立ってくることもありますが、気づくのも早いためすぐに対処できてもとに戻すことが可能です。

以前は出産して太ったこともあり、全てウエストがゴムでできたボトムスと授乳時に使用していたゆるめのトップスを授乳後もずっと着用していたのですが、ふと写真を見て妊娠前よりも明らかに太った自分を見てダイエットをしなければいけないと思いました。

 

食事制限が苦手な人にもおすすめ

しかし私は低血糖症があって食事制限は極端に行うことができず、また運動も子どもが小さくて本格的なものができなかったことから太ったら早く気付くという方法でしかダイエットができなかったのです。

この方法は一見ダイエット効果はないように思えるのですが、私はこの方法を取って最終的には約10㎏のダイエットに成功しています。

なので食事制限や運動によるダイエットが長続きしなかったり、もっとダイエット効果を出したいという人にはおすすめの方法です。

そしてダイエットが成功して以降も変わらずボディラインの目立つような服装をすれば、少し太っただけでもすぐにわかったりして今度は体重や体型の維持に努めようとすることからリバウンドしにくくなるのです。

また体重体型の維持ができることで服を頻繁に変える必要もなく、節約することも可能です。

参考:納豆菌サプリの教科書

まとめ

この方法であれば最初にボディラインの目立つ服を何着か購入する以外は特にお金を使うこともなく、服は普段着として着用できることからとてもやりやすい方法だと思っています。